チョーキング現象を放置することの問題点

チョーキング現象は放置するべきではありません。対策を講じなければ、塗装の効果が薄れることになります。塗装表面の樹脂が劣化した状態を指しており、この状態が続いてしまうと防水機能の低下に繋がることになるでしょう。チョーキング現象が原因で外壁が雨などの水をどんどん吸収してしまい、コケや藻が目立つだけでなくカビが発生する恐れもあります。

放置された時間が長くなったり、外部要因の影響を受けやすい場所にトラブルが起こっていたりする場合は、クラックと呼ばれるひび割れに繋がり、耐久性を著しく損ねてしまうリスクもあるでしょう。チョーキング現象を放置しても良いことはないので、早いうちに修繕を行って本来の機能を取り戻したりトラブルが防げるようにしたりすべきです。