チョーキング(白亜化)現象とはどのようなものなのか

チョーキング現象という言葉を聞いたことがある人は多いはずですが、チョーキング(白亜化)現象とはどのようなものか具体的に知らない人が多いです。見逃してしまわないためにも、詳しい内容を知っておくべきだと言えます。これは、塗料に含まれた顔料が外壁表面にあらわれることです。チョークの粉のように白く浮き出てしまうため、このような名称で呼ばれています。

塗装した外壁の表面樹脂が紫外線や熱、雨や風の影響で劣化すると発生しやすくなり、手で壁を触ってみたときに白い粉がつく場合はこの現象の可能性が高いです。白以外に外壁の色と似たような色合いの粉が付着することもあるので、色がついているからチョーキングではないと思わないようにしてください。外壁の防水機能低下を示す指標だと言えるため、発見したら外壁塗り替えを検討するべきだと言えます。