外壁補修のDIYは危険とされる理由

外壁補修のDIYは危険とされる理由

外壁補修を自分で行いたいと考える人もいるかもしれませんが、DIYは危険だと言えます。インターネットなどで調べると修繕方法を見つけられることがありますが、根本的な原因の特定を間違えてしまったり、補修方法を間違えてしまったりすると余計にひどい状態になるはずです。

用いるコーキング剤などを選び間違えることでもトラブルに繋がるので、初めからプロに任せておいたほうが安心だと言えます。仮に自分で実施してひどい状態になった場合は、最初から業者に任せるよりも高額な修理費用が発生する可能性が高いです。他にも高所の作業や慣れない道具や材料の取り扱いで怪我をするようなリスクもあるので、DIYは危険であることを覚えておきましょう。

外壁の色選びを成功させるためのコツ

外壁の色選びを成功させるためのコツ

外壁の色選びを成功させたいのであれば、コツを知っておくべきだと言えます。そのためには、色選びでありがちな失敗と解決策を把握しておくことが重要です。イメージした色でなかった、汚れが目立ってしまった、変更しない玄関や屋根の色とマッチしなかったなどの失敗を経験する人が多いと言えます。

失敗したくないのであればサンプルをたくさん見せてもらって選ぶようにするだけでなく、面積効果を考えて大きな面積で見た場合の想像してから決めるようにしたり、既存の屋根やドアとの相性を確かめてから決定したりすることが大事です。業者から色見本を見せてもらうときには太陽の光に当ててよりリアルな色合いを確認したり、実際に施工した住宅の写真を見せてもらったりすることもおすすめだと言えます。

外壁の色選びにこだわれば虫除け効果が期待できる

外壁の色選びにこだわれば虫除け効果が期待できる

外壁の色選びを工夫することで虫除け効果を期待することが可能です。知らない人は多いですが、昆虫は短い波長の紫外線を感知する力を持っているため、紫外線を反射しやすい場所に集まります。白や青、紫などの色は他のカラーと比較して紫外線を反射しがちなので、昆虫が集まってきてもおかしくないと言えるでしょう。

虫除け効果を期待したいのであれば、グレーや茶色、ピンクや赤色などの紫外線を反射しづらいものを選ぶことがおすすめです。外壁の色だけで全く虫を寄せつけない状態にすることは不可能ですが、多少の効果は期待することができます。実際に外壁の色を変えたら虫が集まるようになった、反対に虫が減ったというケースもあるので、意識しながら選んでみると良いでしょう。

外壁を決める前に汚れが目立つ色、目立たない色を知っておこう

外壁を決める前に汚れが目立つ、目立たない色を知っておこう

外壁について考えるのであれば、まずは汚れが目立つ、目立たない色を知っておくべきです。好みや価格だけで選んでしまうと、施工後に汚れが目立ってショックを受けることになるかもしれません。まず、汚れが気になることが多いのは黒や白です。ハッキリとした黒や白の外観は美しいですが、汚れを目立たせたくないのであれば避けたほうが良いと言えます。

また、濃い原色を選んでしまうと褪せや変色が目立ってしまうので注意が必要です。反対に汚れが目立ちにくいのは落ち着いたカラーだと言えます。グレーやアイボリー、ベージュや薄いブラウンなどは汚れや色の変化が気になりにくいです。付着しやすい汚れとの色合いの差が少ないため、長く美しい見た目を保ちやすいと言えます。