水性塗料と油性塗料の違いについて

家の外壁や屋根の塗装は紫外線や雨風によって傷みやすく、不具合が起きてからではなく早めのメンテナンスが必要となる箇所です。外壁や屋根の塗装を行うといっても使用される塗料は様々な種類があり、自分の家に合った塗料を選ぶことが大切です。塗料は水性塗料と油性塗料の2つに分かれていて、どちらにも良い点悪い点があります。水性塗料は塗料を水で薄めていて、その名の通り主成分は水です。溶剤が入っていないので独特なにおいがなく、シックハウス症候群などの原因となる化学物質が少なく人体には優しい塗料といえます。価格も油性塗料に比べると安いのが特徴ですが、塗膜が剥がれやすい面もあります。油性塗料は溶剤が入っている塗料のことで、密着性に優れていて耐久性や耐候性の高さが特徴的です。水性塗料とは違いにおいがきつく、現場の保管に注意が必要となります。2つの塗料の違いを知って、自分の希望に合った塗料を選ぶことをおすすめします。